このページについて

2004年12月07日 00:55に投稿されたエントリーのページです。

一つ前の投稿は「やっぱりOmniWebは素晴らしい」です。

次の投稿は「図書館司書は利用者のことなんぞペラペラ喋らない」です。

他にも多くのエントリーがあります。ホームページアーカイブページもご覧ください。

Powered by
Movable Type 3.34

アップルWebバッジ

« やっぱりOmniWebは素晴らしい | ホーム | 図書館司書は利用者のことなんぞペラペラ喋らない »

iPod時代の語学学習用プレーヤーを考える(2)

8月30日に投稿した、語学学習用プレーヤーについての話題について続きを。

VoiceTrek」(オリンパス)。これ、もしかしたらイイかもしれない。

この製品の広告は、以前から地下鉄のドア窓上に貼られているので目にしていた。二宮清純(スポーツジャーナリスト)らが登場する広告だったが、普段何かを録音する必要など全くない(これまでもほとんどなかった。強いて挙げるなら予備校の授業くらいか)私にとっては縁遠いものに思われ、大して気にもしていなかった。

ところが、「語学学習にも使える。スロー再生機能も充実」などといったキャッチコピーに惹かれ、早速オリンパスの製品サイトを覗いてみると、なかなか語学学習を意識した機能が充実しているようではないか。パソコンとの接続もWindowsだけでなくMacintoshにも対応しているのが嬉しい。

同じく語学学習を意識した売り方をしている商品に、アイリバー・ジャパンのiFP-790というフラッシュメモリ型オーディオプレーヤーがある。こちらも悪くはないが、やはり日本の製品の方が「細かいところまでよく作り込んである」のではないかと思う。海外で企画された商品は、やや大ざっぱな作りになっていることが多いのではないかと勝手に想像している。

オリンパスといえば光学機器メーカーのイメージが強い。光ではなく音に関連する商品を世に出しているというのは不思議な気もする。ただ、私個人としてはMOドライブもデジカメもオリンパス製品を愛用しているし、比較的近所(渋谷区幡ヶ谷)に古くから拠点を構えていることもあって、親近感を持っている。

ということで、購入を検討してみたい。

【オマケその1】
8月30日の記事で「修理に出す」と書いたソニーの語学学習用ウォークマンWM-EX99R、「部品がもうないので修理できない」とソニーサービス窓口から連絡があって、先日引き取りに行ってきた。乾電池も買い直したのに、結局復活ならず。そりゃあないよSONY…。

【オマケその2】
蛇足だが、10月スタートが叶わなかった仏語学習再開、来年1月から「今度こそは」できるかもしれない。自分のレベルや時間の都合にあったクラスが見つかりそうだからだ。決まったらこのWeblogでも報告という形で書き記しておきたい。