このページについて

2006年04月09日 23:59に投稿されたエントリーのページです。

一つ前の投稿は「脱35歳にリーチがかかる─転職活動をする(10)」です。

次の投稿は「フリーライターの気分を味わう─転職活動をする(11)」です。

他にも多くのエントリーがあります。ホームページアーカイブページもご覧ください。

Powered by
Movable Type 3.34

アップルWebバッジ

« 脱35歳にリーチがかかる─転職活動をする(10) | ホーム | フリーライターの気分を味わう─転職活動をする(11) »

ラーメン食べ歩き日記(3)

味噌ラーメン好きな私、1〜2年前には「味噌ラーメン食べ歩き日記」「ラーメン食べ歩き日記」と称してエントリーを投稿してきたけど、ここのところとんとご無沙汰だった。

もちろんその間も新しいラーメンとの出逢いは一応あったんだけど、面倒なのでここには投稿していなかった。

気まぐれだが、今日、およそ1年ぶりに(前回は2005年4月3日)投稿してみようかと思う。

ラーメン・キッチン あさの 野菜たっぷりラーメン 850円

ふと、東松原にある「一伝家」(過去に2度ほど訪れている)に行こうと思い、営業時間を調べようとすると、どうもその評判がよろしくない

そこで、近隣で他に良さげな店はないかとGoogleでこちらのページを見つけて眺めているうち、昼休みがない店ということでこのお店をチョイス。というのも「ラーメンを食べに行こう」と思い立ったのが昼の3時を過ぎていて、昼休みがある店では夕方6時にならないと開店しないからだ。

そんなわけで、新代田駅行きのバスに乗り、新代田で井の頭線に乗って1駅。南口から歩いて突き当たりを右折し、踏切を渡ってすぐのところにお店はあった。

ちなみに、突き当たりを左折すると、これまた下北沢のラーメン店としては有名な一龍がある。こちらも数年前に一度訪れたことがあるんだけど、またの機会にということで。

夕方も5時近くなっていたので、お店を覗くとお客が1人もいない。入ろうかどうしようか躊躇ったが、勇気を出して中に入る。入ってみると、外からは見えない位置に1人だけお客がいた。

もともと私が野菜好きなこともあり、ほぼ迷わず「野菜たっぷりラーメン」を注文。これは塩味スープだが、他にも醤油ベースのラーメンや担々麺、カレーラーメンもある

「麺大盛も無料」とのことだったが、初めてなのでとりあえず普通盛りで注文。
麺を大盛にしても追加料金を取られないのは、私が味噌ラーメン以外でごひいきにしている「麺者 服部」(ここの「じゅーしー」が品名に付くラーメン・つけ麺と、季節の創作ラーメンはめちゃくちゃオススメ!)と同じで、好感が持てる。

待つことしばし、いよいよ品が運ばれてきた。

ご覧のとおり、野菜たっぷり。

スープを飲んでみる。旨い。美味い。

塩ベースだが、単なる塩スープではない。素材のうま味が詰まっている。具体的にはシイタケ・干し貝柱・干し海老・昆布・鶏の味が感じられ、深みがある。
普段私は塩ラーメンを好んで食べることが少ないのだが、このお店の塩ラーメンなら積極的にチョイスして食べるのもあり得る話だ。

麺はちぢれ気味の細麺で、スープにも合っている。

上の写真に小瓶が写っているが、その小瓶に入ったピリ辛ネギ醤油を途中で少し入れてみた。ネギ好きな私だが、率直に言って、これは入れなくてもいいかもしれない。

麺をあっという間に完食したので(こんなことなら大盛を頼んでおけばよかった)、お店が推奨している「スープ茶漬け」にチャレンジしてみた。麦ごはんとかやくごはん(各100円)を追加注文。

麦ごはんの上にはしじみ(?)が乗っている白いご飯で、かやくごはんは当然のことながら醤油味。どちらも、スープと一緒ではなく単品で口にすることができる(特に後者は)が、スープに浸して食べるという点ではどうだろうか? 白いご飯はともかく、醤油味のかやくごはんがスープと合うのかどうか、正直なところ疑問があった。
ところが、そんな疑問は吹き飛んだ。かやくごはんも塩味のスープによくマッチするのである。普通お茶漬けを食べるときにはご飯は白いが、ここではそれだけに限らない。醤油味のご飯でも十分イケるのである。

ということで、お店の願い(意図)どおり、スープも残さず完食。満腹感だけでなく味の麺でも充分満足がいくものだった。

ちなみに、店構えはどちらかというと女性が入りやすいようになっている。事実、デザートのメニューも用意されている。ただ、餃子やおつまみなどのサイドメニューも充実しているので、お腹をいっぱいにしたい男性諸氏も安心して利用できる。

(繰り返しになるが)塩ラーメンを普段積極的にチョイスしない私でも、これなら定期的に食べたくなる。飲み残したスープをお茶漬け感覚で食べるというお店の試みも楽しい。
ついでに言うと、よく考えられていてカロリーが控えめなのも嬉しい。

このエントリーをご覧になった方も、ぜひ一度店に足を運んでほしい。オススメです。