このページについて

2008年03月31日 18:12に投稿されたエントリーのページです。

一つ前の投稿は「電王堂の係長と会長」です。

次の投稿は「転職サイトも今や……」です。

他にも多くのエントリーがあります。ホームページアーカイブページもご覧ください。

Powered by
Movable Type 3.34

アップルWebバッジ

« 電王堂の係長と会長 | ホーム | 転職サイトも今や…… »

最近のSNSについて

ミクシィ「一人勝ち」終わったのか 「グリー」モバイルで女性会員急増 http://www.j-cast.com/2008/03/30018355.html

この記事のタイトルを見て、我が目を疑いました。

私は両方とも入ってますが、「『GREE』は閑古鳥が鳴いていて、『mixi』とは大きく水を開けられている」というのが私の認識だったから。

キヌガサ』とか、他のSNSはGREEよりもっと賑わってない感じ。
つい最近まで『キャらリア』というSNSがあって、私も入ってたけど、結局は採算性に問題があったのか終了してしまいましたし。
Yahoo! JAPANの『Yahoo! DAYS』もイマイチ盛り上がってないようだし、Googleの『orkut』も思ったほど日本人には浸透してないようだし…… 結局はmixiの一人勝ちなのではないかなぁ、と。

ただ、mixiの運営者である株式会社ミクシィがここのところネガティブな情報を発信していることは事実ですね。
私は以前から「mixi以外にもっとまともなSNSができてほしいなぁ、あればすぐそっちに移るのに」って思っていたんです。そうしたら最近実際にmixiが没落の一途をたどってきて……。この先、いったいどうなるんでしょう。

───────────────────────────────────

mixiといえば、ここのところ覗いていてウンザリさせられることが多すぎます。
それはmixiの運営者に対するものばかりじゃなくて、mixiの参加者に対するものもかなりあります。

その代表的なものは、
自己紹介をするトピックがあるのに、わざわざ同じ趣旨(多くの場合、タイトルが「はじめまして」)のトピックを立てる輩がいる
ということです。

何百人も何千人も参加者がいるトピックで、自己紹介したからって何になるんだよ!
アンタが自己紹介したところで、他の人間はどうコメントを返せばいいんだよ!
私はそう思います。

で、そういうトピックがいくつも乱立してしまうと、コミュニティに参加している意味がなくなる。
あるテーマに沿って語り合うのがコミュニティなのに、「はじめまして」という挨拶ばかりでコミュニティの書き込みが埋め尽くされていたら、コミュニティが機能を果たさなくなる。
そんな事態を私は嘆いています。

「はじめまして」と挨拶せずにはいられない輩は、SNSという公共の場を、Weblogや個人の日記のようなプライベートな場と混同してるんでしょうな(「コミュニティに参加したら自己紹介をするのが流儀」と思ってしまっている可能性もありますが)。
そういう人に対して、私はついイラッと来てしまいます。

少し前のことになりますが、母校のコミュニティで「○○小(私の母校の名前)コミュ発見!」というタイトルのトピックを立てた後輩がいました。
私は「あなたがこのコミュニティを発見したことなんて、他のコミュニティ参加者にはどうでもいいこと。そんなことでいちいちトピックを立てるな!」と叱りました。結局、その後輩は謝罪。
「○○年生まれの同級生いませんか?」と呼びかけるなら全然問題なかったんですが、「コミュニティを発見した」なんていう個人的な出来事は新しいトピックを立てる理由になりません。

そういう人達を、mixiの運営者はちゃんと教育してほしい。
コミュニティをキチンと管理できない管理人は、去ってほしい。
私はそう思います。

「情報の分散化防止」「1テーマにつき1トピック」という原則が守られる度合いは、某巨大掲示板群よりmixiのほうが低いです。

そんなこともあって、日本におけるSNSの存在に対して否定的な見方しかしていない今日この頃です。もっと別のコミュニティツールがクローズアップされるんではないかと。