このページについて

2015年12月31日 02:51に投稿されたエントリーのページです。

一つ前の投稿は「Nextbit Robinに出資手続き」です。

次の投稿は「川井しげお(川井重勇)東京都議会議長の無礼な態度について」です。

他にも多くのエントリーがあります。ホームページアーカイブページもご覧ください。

Powered by
Movable Type 3.34

アップルWebバッジ

« Nextbit Robinに出資手続き | ホーム | 川井しげお(川井重勇)東京都議会議長の無礼な態度について »

フジテレビが、今どきのテレビをめぐる問題に迫った!

石橋かずこのブラブラTVコメンテーターは君だ!
石橋温泉スピンオフ新企画!!とんねるず石橋森三中黒沢が街に出没!!路上で会社でお店でテレビの気になる話題を通行人とゲリラ激論ゲストはアナタ新感覚トーク番組

とんねるず石橋貴明と森三中黒沢かずこが街を歩いて、一般人のテレビに対する疑問について考えていく番組内容。

事前に用意された疑問は、今日日の一般人なら誰もが抱くであろう疑問ばかりで、それを真正面から取り上げること自体は良かったが、込み入った内容になると結局一般人は置いてきぼりになって、業界の内輪話になってしまう詰めの甘さはあった。

それと、貴明の感覚も古い。「背中の毛が濃いので、背中が露出しない服を着させてほしい」とスタイリストに頼んでいるという山崎夕貴アナに「背毛・バレステロス?」って突っ込んでたけど、セベ・バレステロスという'80年代に活躍したゴルファー(2011年に亡くなっている)を今どきの若い人が知ってるわけないでしょう?


若者を中心とした世代がテレビを見なくなっているのって、「スマホで入手できるWeb上の情報が五万とあるからわざわざテレビを見なくてもいい」「Web上での友人とのコミュニケーションに忙しい」以外に、テレビ番組そのものが面白くなくなってきてることは大きいな。
実際、私も昼間家にいる時にドラマの再放送はながら視聴してるけど、熱心に見入るような番組はほとんどない。

最近では、「TBSの火曜夜7時30分といえば『ぴったしカンカン』」「日テレの金曜夜8時といえば『太陽にほえろ!』」みたいに、特定の放送時間帯と番組名を諳んじることがすっかりできなくなった。

だからといって「昔は良かった」で片付けられるかっていうと、それはそれで違う。
'80年代のフジテレビの軽薄なノリは本当に嫌いだったし、とんねるずの番組でよくある内輪受けのお笑いはどうしても受け容れられなかった。
だから今、一般人が視聴者として賢くなって、「内輪受けのどこが面白いんだ」などと声を上げ始めたのは、私としては歓迎すべき状況。

とはいえ、とんねるずみたいな大きな存在がグイグイ引っ張っていくテレビも、それはそれで面白かったわけで。
『アメトーーク』(テレ朝)なんか、“ひな壇芸人”と呼ばれる二線級のお笑いタレントが一つのテーマで無理やり群れてるだけで、ちっとも面白くない。
それと、あまりに関西発のお笑いが幅を利かせてしまうのはどうかと思うし、東京・成増育ちの貴明にはまだまだ頑張ってもらわなにゃ、とも思う。